医者

最新医療となるXLIFの手術法とは|認定医を見つけてまずは相談

看護師

早い時点で受診する利点

糖尿病は完治しない病だからこそ前兆を見逃さないようにし、異変を感じた際にはクリニックに行くことが大切になってきます。少しでも早い治療と対策が必要になる病の一つということは頭においておくようにしなくてはなりません。

詳細

医者と看護師

脳の健康を考える

脳の病気にもいろいろありますが、脳動脈瘤は40歳を超えると起こる可能性があります。画像検査でわかることが多いですが、普段の生活から頭の痛みが取れにくいなどの症状が出た場合には、専門の病院で検査をして薬を処方してもらうことです。

詳細

女医

患者数は多い

大腸がんは、きちんと治療することが出来る環境が整っています。こうした治療環境が全国的に整っていることなども、治癒率が高い要因になっています。大腸がんをきちんと治癒させることによって、転移などの様々なリスクを下げることが出来ます。

詳細

脊椎変形の新しい治療法

ドクター

重要な医師探し

腰椎の滑りや分離を原因とする我慢できない腰痛には手術が必要となる事がありますが、身体への負担が少なく大きく切開しなくてもいい方法もあります。XLIFというこの方法はアメリカで開発され2013年に日本でも治療が受けられるようになりました。脊椎の矯正力や安定力がよく骨が作りやすいこの方法は圧迫骨折後の脊椎変形にも向いているといわれています。ただ気をつけないといけないのはXLIFに対応できる医師の数がまだ限られているため、どこでもできるわけではないということです。この治療法に興味を持ち相談したいと考えた時には、アメリカで研修を受け認定医としての知識と技術を豊富に持ったドクターがどこの病院に所属しているのかを十分にリサーチするようにしてください。

うれしい体力の温存

XLIFは内視鏡とX線透過装置を使った固定術です。感染の危険性や呼吸器系の感染症の心配も少ないので年配の人に興味を持つ人も多いです。XLIFの大きな特徴でありメリットでもあるのは神経に直接触れないまま圧迫を解除できることです。背筋を傷めることがないので後遺症が少なく術後の痛みも少なくて済みます。椎間板の間に設置できるケージの大きさも大きいので骨のつきが早いといった特性も見られます。人口骨の移植も側腹部に開けた3センチ程度の切開から内視鏡を設置して行うため出血量も少なく体力も温存できるのが魅力です。脊柱変化矯正効果が高いため加齢によってバランスを失った脊柱の配列も修復が可能です。たいていの場合は手術の翌日には起立し歩行を開始することが可能で、入院期間も1週間程度と短いのが特徴です。